2014年04月11日

【北京モーターショー14】レクサス NX、公式発表…初の小型クロスオーバー


4月11日14時0分配信 レスポンス

レクサスは4月11日、新型車の『NX』の概要を明らかにした。実車は4月20日、中国で開幕する北京モーターショー14でワールドプレミアされる。

《元の記事を表示》

レクサスNXは、2013年9月のフランクフルトモーターショー13に出品されたコンセプトカー、『LF-NX』の市販バージョン。『RX』の下に位置するレクサス初の小型クロスオーバー車となる。

開発のテーマは、「プレミアム・アーバン・スポーツギア」。高性能さとクールさが、デザイン上で融合した「スポーツギア」として、都市ユースにも合った環境時代のSUVを顧客に提案していく。

外観は、アグレッシブなスタイリングが特徴。L字型に発光する先進的な3眼フルLEDヘッドランプが、レクサス独自の個性を強調する。美しさとスポーティさを追求したLEDのL字型リアコンビネーションランプと、立体の流れにスピンドル形状のテーマを採用したリアビューは、力強いスタンスを演出するための手法。

室内は、ダッシュボードに金属を削り出したような質感のセンタークラスターフレームを採用。身体を支える革調ニーパッドとの組み合わせにより、SUVらしい骨格の力強さと、素材の対比による洗練された質感を両立させた。

また、センタークラスターに操作系を集約。直観的操作の実現を目指したタッチパッドを採用した新型リモートタッチも装備した。スマートフォンなどを、センターコンソールボックス内に設置したトレイに置くだけで充電可能な「おくだけ充電」も導入している。

なお、北京モーターショー14には、新開発2.0リットルターボエンジンの「NX200t」と、2.5リットルのハイブリッドの「NX300h」を展示する。

《レスポンス 森脇稔》



感想
レクサスが、かねてよりフランクフルト/東京モーターショーに出展していた小型SUVコンセプト、『LF-NX』の市販版の『NX』を、まもなく開かれる北京モーターショーで世界初公開することとなった。

NXのデザインは、「やりすぎだろ・・・。」と思ってしまうぐらいに派手だが、コンセプトの段階とくらべてみると(リンク先を表示)、かなり落ち着いて見える。この点は、コンセプトをほぼ、そのままの形で市販化させるマツダとは異なる(もっとも市販化を前提にしたコンセプトカーと、そうではないコンセプトカーとを比べるのは、いささか無理のある話だが)。

エクステリアが素直にいいと思えるようになるまでは、多少の慣れを必要としそうなしたNXだが、インテリアは普通にかっこいい。とくにセンターパネルのアルミフレームが、SUVらしく力強い感じでいい(リンク先を表示)。




down43.gifこの記事をご覧になった方は、
 よろしければクリックをお願い致します。

 
自動車 ブログランキングへ


なんでもローン!?netloan(ネットローン)

全国どこでも無料出張・無料査定可!

■株式会社オートウェイ■


posted by ゆうすけ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。