2014年07月26日

【マツダ デミオ プロトタイプ 試乗】ハイセンスなインテリアでシアワセな気分に…藤島知子


7月23日20時30分配信 レスポンス

クラスの概念を打ち破ることをテーマとして開発された4代目の『デミオ』。「小さいクルマ=それなり」の作りで終わらせるのではなく、内外装の質感を高めたり、上級セグメントのクルマに乗っているかのような走りの質を狙った作り込みが行われた。

《元の記事を表示》

コンセプトモデル『跳(HAZUMI)』と比べると、取り回しを意識して全幅は35mm縮められ、ホイールベースも短くなり、居住性拡大のためにキャビンが大きくなったが、5ナンバーサイズに留めたわりには豊かな造形といえる。

何よりも、個人的に注目したいのは「このクラスで世界のベンチマークとなる存在を目指した」というインテリアの作り込みだ。

ダッシュボードの水平ラインやドアの内張り、センターコンソールにはステッチ入りのレザーが用いられた仕様もあり、シンプルなデザインを構成する上で質感にこだわった素材をあしらい、モダンな空間を演出することに成功している。

レザーシートはブラックのほかにホワイト色のものが用意されているのも贅沢だが、素材はアテンザのものを用いているという。コンパクトカーとは思えない、上質でハイセンスなインテリアに囲まれた空間は毎日触れていてシアワセな気分に浸れそうだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★


藤島知子|モータージャーナリスト
幼い頃からのクルマ好きが高じて、2002年からワンメイクレースに挑戦。市販車からフォーミュラカーに至るまで、ジャンルを問わず、さまざまなレースに参加している。2007年にはマツダロードスターレースで女性初のクラス優勝を獲得した経験をもつ。現在はクルマの楽しさを多くの人に伝えようと、自動車専門誌、一般誌、TV、ウェブ媒体を通じて活動中。走り好きの目線と女性の目線の両方向から、カーライフ全般をサポートしている。COTYの選考基準は、クルマと共に過ごす日常において、気持ちを豊かにしてくれるクルマかどうかに焦点を当てる。

《レスポンス 藤島知子》



感想
今年の秋に発売される新型『デミオ(リンク先を表示)』。7年振りとなる新型モデルは、4代目にあたる。アクセラのように、ハイブリッドは設定されないが、マツダが新開発した1.5Lディーゼルエンジン、「SKYACTIVE-D 1.5」を搭載するディーゼルモデルが用意される。

新型デミオは「SKYACTIVE TECHNOLOGY」、デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」をフル採用したモデルとしては、CX-5、アテンザ、アクセラに続く4車種目。


記事にもあるように、新型デミオはインテリアの質感が高いように見える。ホワイト/ブラックのレザーシートは、赤いラインがオシャレ(リンク先を表示)。スポーティなメーターパネル、タブレットのようなディスプレイなど、コクピットはアクセラ風だ(リンク先を表示)。

新型デミオのライバルについて考えてみる。新型モデルのエクステリアは、先代モデルと同様、実用性よりもデザインを重視したもので(リンク先を表示)、フィットとは直接バッティングしそうにない。ということはアクアか。ディーゼルモデルなら、ハイブリッドのアクアとも十分に闘えそうである。




down43.gifこの記事をご覧になった方は、
 よろしければクリックをお願い致します。

 
自動車 ブログランキングへ


なんでもローン!?netloan(ネットローン)

全国どこでも無料出張・無料査定可!

■株式会社オートウェイ■
posted by ゆうすけ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニューモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

ウクライナ、東部上空の飛行を禁止


7月18日18時50分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル

 【モスクワ】ウクライナの航空当局は18日、東部上空の飛行を完全に禁止した。マレーシア航空MH17便の墜落を受けた措置。MH17便については、米情報当局が地対空ミサイルによって撃墜されたと主張している。

《元の記事を表示》

 航空当局はウェブサイトに掲載した声明で、親ロシア派分離主義勢力に対する軍事作戦を実行しているため、当地の飛行を禁止したと説明した。飛行禁止区域にはドネツク、ルガンスク、ハリコフの各州が含まれる。

 ウクライナ政府は墜落事故を調査する特別委員会を立ち上げたことも発表した。調査委員会には航空安全を担当する国際機関のほか、犠牲者となった乗客の出身国の航空当局代表らが加わるという。

 墜落したMH17便はボーイング777型で、乗客約300人が搭乗していた。この事故を受け、航空会社数社はすでに現場周辺地域を避けて迂回(うかい)飛行している。ここ数週間の情勢不安定化で、これまでにも同地域の飛行を制限していた航空会社もわずかながらあった。

 ただ、この地域は欧州とアジアを結ぶ民間機にとって人気のルートだった。MH17便の事故発生まで、ほとんどの航空会社幹部は上空飛行が安全だと判断していた。大半の民間機は周辺地域を高度3万フィート前後で通過する。この地域の分離主義勢力がよく使う、肩に担いで発射するタイプの地対空ミサイルではまったく届かない高度だ。

 だがロシア軍、ウクライナ軍とも車両搭載型で高高度までを射程とする地対空ミサイルを持つ。分離主義勢力も以前、こういったタイプの地対空ミサイルを保有していると明らかにしていた。

《ウォール・ストリート・ジャーナル  Olga Razumovskaya》



感想
木曜の深夜、Yahooトップのニュース欄に「マレーシア旅客機、撃墜か(リンク先を表示)」と表示されていた。てっきり、例の行方不明についての報道かなと思い(先日、テレビでも取りあげられていたこともあって)、クリックして驚いた。ニュースで民間機が撃墜されたなど、いままで聞いたことが無かったからだ(ソ連による「大韓航空機撃墜事件(リンク先を表示)」は、知識として知ってはいたが、リアルタイムでは初めてだった)。

今回の事故(事件?)は、もちろんミサイルを発射しただろう、親ロシア派勢力が悪いに決まっているのだが、マレーシア航空が危険なウクライナ東部から、航路を変更していれば、こんな悲劇は起らなかったはずだ。軍用機の撃墜が相次ぐこの地で、流れ弾にあたるリスクは、十分に考えられるにも関わらずにである。

死者の数は300人を超えるという。犠牲者の方々のご冥福をお祈りいたします。




down43.gifこの記事をご覧になった方は、
 よろしければクリックをお願い致します。

 
自動車 ブログランキングへ


なんでもローン!?netloan(ネットローン)

全国どこでも無料出張・無料査定可!

■株式会社オートウェイ■
posted by ゆうすけ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】最先端技術が実現する「アジリティ&インテリジェンス」とは


7月11日15時51分配信 レスポンス

メルセデス・ベンツ日本は、7年ぶりにフルモデルチェンジを行った新型メルセデスベンツ『Cクラス』を発表。7月11日から販売を開始する。

《元の記事を表示》

新型となるCクラスのコンセプトは「アジリティ&インテリジェンス」。日本ではなかなかイメージしにくいワードだが、メルセデス・ベンツ日本のマーク・ボデルケ副社長は次のように説明する。


◆最先端技術が生む”アジリティ”

「アジリティとは優れた走行性能。優れた走行性能は最先端のテクノロジーから生まれていて、Cクラスのボディには世界初のアルミ接合テクノロジー”インパクト”が採用された。この技術は、接合が難しかった素材同士を瞬時に接合する技術で、“適材適所”で軽量のアルミと剛性の高い鉄を組み合わせ、軽量で剛性の高いボディを作ることができ、高い”アジリティ”を実現することができた」(ボデルケ副社長)

インパクトとは、アルミと鉄の接合部分に高速でリベットを貫通させて接合する新技術。新型Cクラスは、ボディシェルの約50%にアルミが使用され、鉄とアルミを混合した「アルミニウムハイブリッドボディ」を採用。先代比で70kgの軽量化を実現し、スポーティなハンドリングと燃費性能の向上を果たしている。

足回りも新たな技術が搭載されており、フロントには新開発の4リンク式サスペンションが採用され高いグリップと俊敏な走りに貢献。リアにはCクラス伝統の5本リンクをもつ独立懸架式のマルチリンクサスペンションを搭載し、高い直進安定性を実現している。


◆Sクラスと同等のインテリジェンス(知性)を備えた新型Cクラス

ではインテリジェンスとは何か。ボデルケ社長は「Cクラスは、人間と同じく”目・耳・脳”を持っている。“目”は2つのカメラ。人間と同じく前方の状況を立体的に捕らえることができる。“耳”は6つのレーダーで、クルマの周囲360度の状況を常に把握している。“脳”は“目”と“耳”で捕らえた周囲の状況を判断し、瞬時に次の行動を決定する。クルマが自分でステアリングを操作したり、ブレーキをかけることもする。これはまさに知能を備えたクルマと言うことができる」と説明する。

新型Cクラスには、メルセデスベンツのフラッグシップサルーン『Sクラス』に導入されたものとほぼ同等の安全運転支援システムが搭載されており、「ドライバーの快適性が安全性に繋がる」という同社の思想が反映され、高い安全性が特徴だ。

最後にボデルケ氏はインテリアも新型Cクラスの特徴だと付け加えた。「Cクラスのインテリアは、人間の五感を満たすクラスを超えた上質なデザインと高級感がある。こちらも、ドライバーの快適性が安全性に繋がるというメルセデスの思想を反映したインテリアだ」と述べた。

《レスポンス 橋本隆志》



感想
7月11日、メルセデスベンツ日本は新型『Cクラス』を発売した。7年ぶりに全面改良された新型モデルは7代目にあたる(公式リンクを表示)。

新型Cクラスの価格は、廉価グレードの「C180」でも419万円と、1.6Lのエンジンを積んでいるにしては高い(馬力は115psと控えめだが、ターボでトルクがあるので、性能は十分ある)。初代、2代目、先代Cクラスでは販売時期にもよるが、(廉価グレードが)400万円を切っていたことも考えると、よけいに割高に感じる。増税してなければ切れていたかもしれない。


ベンツといえば、先端にエンブレムを生やした、例のフロントグリルを思い浮かべるひとが多いと思う(画像リンクを表示)。これまでC、Eクラスには、従来のグリルを備えた、快適志向のエレガンス系、なかにエンブレムを配したグリルを備えた、スポーティーなアバンギャルド系の(画像リンクを表示)、2種類が用意されていた(Sクラスはフラッグシップという性格上、エレガンスの1種類)。

ところが、新型Cクラスの場合はすこし事情が異なり、海外向けにはセオリー通り、エレガンスとアバンギャルドが設定されるのだが、国内向けはアバンギャルドのみとなる。アバンギャルドのグリルもあれはあれでいいのだが、“あの”グリルの持つ「ベンツらしさ」が好きな人も当然いる。

ここは、メルセデスベンツ日本には、エレガンスの国内への投入を検討してもらいたいところ(ちなみに、メルセデスベンツ日本の社長は上野金太郎氏。名前のインパクトがあり過ぎる)。




down43.gifこの記事をご覧になった方は、
 よろしければクリックをお願い致します。

 
自動車 ブログランキングへ


なんでもローン!?netloan(ネットローン)

全国どこでも無料出張・無料査定可!

■株式会社オートウェイ■
posted by ゆうすけ at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ニューモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

不具合



ここ数日、不具合か、アメーバにログインできない状態が続いている。パスワードの再設定メールを何度も送っても、いっこうに届いてこない。

しびれを切らして、ついさっきアメーバに問い合わせたが、どうなることやら。最悪、新しく登録し直さないといけないかも。





down43.gifこの記事をご覧になった方は、
 よろしければクリックをお願い致します。

 
自動車 ブログランキングへ


なんでもローン!?netloan(ネットローン)

全国どこでも無料出張・無料査定可!

■株式会社オートウェイ■
ラベル:アメーバ 私信
posted by ゆうすけ at 17:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする