2014年09月22日

ボーイング、戦闘機のない未来を視野に


9月19日14時58分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル

 ほぼ1世紀にわたって軍用機を製造してきた米ボーイングが、戦闘機のない未来を視野に入れ始めている。

《元の記事を表示》

 米国とその多くの同盟国がロッキード・マーティン製の統合打撃戦闘機(JSF)「F-35」の購入に強く倒いている。このため、ボーイング製戦闘機に向かう資金はほとんどなくなりそうだ。このような状況のなか、同社は戦闘機市場をロッキード・マーティンに譲り、同社防衛事業の将来を民間旅客機の軍用版といった他の種類の航空機に委ねるというロードマップ(行程表)を準備している。ボーイング防衛・宇宙・安全保障部門のトップ、クリス・チャドウィック社長(54)が明かした。

 同氏は7月のインタビューで、同部門の焦点のシフトについて、「現実を直視する必要がある」と語っていた。

 ボーイングの戦闘機は現在もなお、数多く使われている。同社の「F/A-18」は米軍によるイラク北部の空爆を担っている。しかし、新規受注は枯渇しようとしている。F/A-18の生産は2017年に終了する可能性がある。このほか、サウジアラビア向けの「F-15」の最後の受注分は19年に生産ラインを離れる見通しだ。

 ボーイングはF/A-18の生産スピードを落として、生産期間をわずかに延長することを検討している。その間に海軍向けの若干の追加購入資金を出すよう国防総省を説得できるのではないかと期待しているのだ。こうすれば、少数の潜在的な海外顧客、とりわけカナダとデンマークが戦闘機の購入を決めるまでの時間稼ぎが可能になる。

 ボーイングは、ミズーリ州セントルイス工場でF/A-18の製造を終了するか否か来年4月までに決断するかもしれないとしている。同工場は現在、F/A-18とF-15の戦闘機2種を製造している。チャドウィック社長はウォール・ストリート・ジャーナルの報道を受けた18日のインタビューで、「われわれは今なおそれら(戦闘機2種)をしっかり維持している」と述べた。同社長はF/A-18の製造を2010年代末までは維持できると考えているという。

 昨年12月31日に防衛・宇宙・安全保障部門の社長に就任したチャドウィック氏は、軍事予算の縮小に対応したコスト削減策と効率改善策を発表している。ボーイングは過去3年にわたり、年間40億ドル(現在のレートで約4356億円)の防衛部門の支出を減らし、何千人もの雇用を削減した。同氏は米国をはじめとする諸国の軍が兵器の能力より価格を重視するようになっているのを受け、さらに20億ドルを節約する目標を掲げている。

 関係者によると、チャドウィック社長は8月末の同社取締役会に戦略的な見直し案を提示した。10月初めに従業員に公表する見通しだという。

 同社長は、防衛部門の3つの中核事業部門(軍用機、ネットワーク&宇宙部門、サービス&サポート部門)内で、責任者と製品を組み替え、サービス収入を増やして年間売上高を300億ドル以上に維持することを目指している。昨年ボーイングが売り上げた866億ドルのうち、防衛部門の売り上げは330億ドルを占めた。

 チャドウィック社長は今月の従業員向けビデオで、厳しい選択をする必要があると警告した。同社長は「これらの決断には、われわれがビジネスをどう形作るかや、どこに資源を投入するかを選択するといったことが含まれる可能性がある」と述べた。

 計画を知る人物らによると、変更の大半は社内的な役割分担や目標にからむものだが、戦闘機などについては完全に捨てる構えだという。米航空宇宙局(NASA)から有人宇宙タクシーの製造・運航に関する総額42億ドルの契約を獲得する前は、同社が長らく担ってきた有人宇宙飛行部門さえも見直しの対象とされた。

 ボーイング製戦闘機の苦戦の種は、2001年10月にまかれた。前出のJSFの製造業者にロッキード・マーティンが選ばれたときだ。JSFは米軍の戦術戦闘機の大半を入れ替える4000億ドル規模のプログラムだ。

 ボーイングはF/A-18の新規受注の獲得に向けて猛烈な売り込みをしてきた。しかしインド、韓国、それにブラジルで受注できなかったのに続き、カナダなど既存の契約先からの受注減にも直面している。

 また、軍用輸送機「C-17」を製造するカリフォルニア州ロングビーチの工場も来年に閉鎖する予定だ。これにF/A-18とF-15の製造終了と合わせ、既存の軍用機部門の売り上げは50%減る見通しだ。同部門はこのほか、ヘリコプターや軍需物資も製造している。

《ウォール・ストリート・ジャーナル  Doug Cameron&Robert Wall》



感想
一口に軍用機といっても、戦闘機、爆撃機、レーダー機、輸送機、給油機、攻撃ヘリなど、いろいろな種類がある。今回、取りあげる戦闘機は、別にミリタリーマニアでなくとも、ほとんどの人がその姿を頭に浮かべることができるのでは。

男性なら共感できると思うのだが、映画などで戦闘機が飛び立つシーンを見て、かっこいいと感じたことがあるだろう。戦闘機に限らず、軍用車、銃など、兵器のもつ機能美には、えも言えぬ魅かれるものがあるのだ。

それは日本刀や、サメにも通じるものがある。危険なものほど美しいということか。


こんなことを書いていると、“あっち系”の人だと思われるかもしれないが、出身地が平和教育が盛んなところだったこともあって、決してそういう訳ではない。集団的自衛権にも反対だ(他国から攻められた場合は、個別的自衛権でも対応できる、かつ、憲法9条は個別的自衛権を認めている)。




down43.gifこの記事をご覧になった方は、
 よろしければクリックをお願い致します。

 
自動車 ブログランキングへ


なんでもローン!?netloan(ネットローン)

全国どこでも無料出張・無料査定可!

■株式会社オートウェイ■
posted by ゆうすけ at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月15日

メルセデス AMG GT、新型スポーツカーがサーキットを駆ける[動画]


9月13日9時30分配信 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツの高性能車部門、メルセデスAMGが9月9日に発表した『メルセデス-AMG GT』。同車の公式映像が、ネット上で公開されている。

《元の記事を表示》

メルセデス-AMG GTは、生産終了を発表した『SLS AMG』に代わって、AMGが開発した新型スポーツカー。SLS AMGのスーパーカー・セグメントから下へ降り、ポルシェ『911』クラスのスポーツカーとの競合を想定する。

メルセデス-AMG GTには、新開発の4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。排気量は3982ccで、2個のターボで過給。この4.0リットルV型8気筒ツインターボには、2種類のチューニングが存在。

ベースグレードのメルセデス-AMG GTは、最大出力462hp/6000rpm、最大トルク61.2kgm/1600-5000rpm。0-100km/h加速4秒、最高速304km/h。高出力版の『メルセデス-AMG GT S』は、最大出力510hp/6250rpm、最大トルク66.3kgm/1750-4750rpm。0-100km/h加速3.8秒、最高速310km/hの性能を実現する。

9月11日、メルセデスAMGは、公式サイトを通じて、メルセデス-AMG GTの映像を配信。米国のサーキットにおいて、そのパフォーマンスを披露している。



《レスポンス 森脇稔》



感想
9月9日、メルセデスAMG(メルセデスベンツのチューニング部門)は『メルセデス-AMG GT(リンク先を表示)』を公開した。AMG GTは、2009年のフランクフルトモーターショーで発表され、今年中に生産終了する『SLS AMG(リンク先を表示)』の後継モデルとして開発された。

古典的なロングノーズ&ショートデッキのスタイル、フロントフェンダー後部に設けられたエアインテーク(リンク先を表示)、切れ長のテールランプなど(リンク先を表示)、AMG GTの外装デザインには、SLS AMGと共通点が多い。

反対に、両車には違いもいくつかある。まずはエンジンで、SLS AMGの6.2リッターV8自然吸気エンジンに対して、AMG GTは4.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載している。これは昨今の、ダウンサイジングの流れに沿ったものだろう。

次はドアで、SLS AMGがガルウィングドアなのに対し(リンク先を表示)、AMG GTは、一般的な横開きドアを採用している。コストの面からだろうか。しかし、スーパーカーはガルウィングというイメージがあるので、ここは少し残念。


気になるAMG GTのお値段だが、現時点では不明。SLS AMGは2,650万円だったが、果たして。



ダウンサイジング・・・エンジンの排気量を落とすことで、燃料消費を抑えつつ、ターボなどの過給機を装着することによって、従来のエンジンと、同等の動力性能を確保すること。




down43.gifこの記事をご覧になった方は、
 よろしければクリックをお願い致します。

 
自動車 ブログランキングへ


なんでもローン!?netloan(ネットローン)

全国どこでも無料出張・無料査定可!

■株式会社オートウェイ■
posted by ゆうすけ at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニューモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

【マツダ ロードスター 新型発表】「オーナーが我々のブランドを作る」…藤原常務インタビュー


9月5日22時0分配信 レスポンス

9月4日、新型『ロードスター』を、東京/モントレー/バルセロナの世界3か所のファン参加型イベントで世界初公開したマツダ。同車の商品企画などを担当した常務執行役員である藤原清志氏に話を聞くことができた。

《元の記事を表示》

----:マツダにとって、ロードスターはどのような存在なのでしょうか?

藤原清志氏(以下敬称略):ロードスターは、ファンとのつながりが一番濃いクルマなので、私たちが将来、考えているブランド経営みたいな話に一番近いモデルだと思っています。

結局、ブランドというのは我々が作るのではなく、お客様が作るもの。お客様が何と思って、それを口にして言ってくれるか? 行動してくれるか? だと思います。25年間ずっとファンでいたり、まだ(初代)NAロードスターを持ってくれている人たちというのは、たぶんマツダへの思いが一番強いわけですね。この気持ちをずっと持ち続けてもらえるような会社になりたいという思いがあって。そういう意味では、最も大事にしたいクルマであり、お客さんを大事にしたいモデル。ロードスターは、我々の心の中心にあるものだと思いますね。

----:だからこそビジネス的に難しくても、やめるわけにはいかない?

藤原:いかない! 水戸黄門の印籠みたいなもので、それをずっと経営陣に見せていました(笑)。「いいんですか? これをやめたらファンが逃げますよ。逃げたら我々がやろうとしている経営はたぶん崩れてきますよ」というのが、私がずっと言いたいこと。経営陣を脅しているわけですけど(笑)。

----:マツダとして大事な存在ということですが、それが他のモデルにどう関係するのでしょうか?

藤原:ロードスターは、初めてクルマを買ったお客さんでも、すごく慣れてレースができるような人でも楽しめるんですね。腕が未熟な人でも、未熟な領域で楽しめる。腕が上がれば違うレベルで楽しめる。幅広いお客様に走る喜びを提供できるクルマなんです。我々は、それがやりたいんですよ。我々が作るどのクルマについても、どのレベルのお客様にも、走る喜びを提供できるようなクルマを作りたい。人馬一体と言っていますが、それをすべてのマツダのクルマに入れることが我々の目標です。そうすれば、我々のクルマを買ってくれる人は、みんな楽しいはずなんですね。

----:そうなるとロードスターだけでなく、『デミオ』も『アクセラ』もすべて楽しい。つまりロードスターのオーナーのようにマツダを愛するようになる。つまり、全車のロードスター・オーナー化を狙っているわけですね。それがブランド経営だと。

藤原:そうです。それはお客様がそう思ってくれて、それを口に出していただければ、それだけで我々のブランドはできていくわけです。我々が作るわけじゃない。お客さんの声でできる。デミオに乗られても、アクセラに乗っても、『アテンザ』に乗られても、それぞれに走る喜びがあるはず。感じられると思いますよ。

----:思い返せば、昔からマツダはスポーツカーに対して“走る喜び”と言っていましたが、全部のモデルに走る喜びをというのは、いつ頃から出てきたのでしょうか?

藤原:我々は「サスティナブル・ズームズーム宣言」を2008年にしたんですけれど、それは「マツダ車をご購入いただいたお客様のすべてに、走る喜びと優れた環境性能と安全性能を提供します」ということだったわけです。だからハイブリッドではなく、ディーゼルを作ったり、ガソリンエンジンも、もっとナチュラルに走れるように、SKYACTIVを開発したりしてきました。その流れは続いていて、シャシーもボディもその考えのもとに進めていくわけですね。『CX-5』から始まったシリーズを、我々は第6世代と呼んでいますが、そのCX-5以降は、どのクルマに乗っていただいても、人馬一体を感じるはずなんです。そのクルマに2〜3年乗って、次に他の会社のクルマに乗ると、たぶん「おかしいな?」となるでしょう(笑)。そういうマジックをかけているわけです。

----:なるほど。そのマジックのヒントがロードスターだったのですね。

藤原:それが、我々が25年間お客様に乗っていただいたロードスターから学んだこと。たぶん彼らはNAロードスターを手放せないんですね。いろいろなクルマが出ても、ずっとお持ちでしょ。走る喜びを、すごく感じてもらえているから。それを我々はファンの方々から教えてもらったんですよ。「そういうクルマをマツダ社は作れ!」というメッセージと受け取ったんですね。どのクルマにおいても。つまり、お客様の方から教えてもらっていることがたくさんあるんですよ。

《レスポンス 鈴木ケンイチ》



感想
9月4日、マツダは日本、北米、スペインの3か国で同時開催したファン参加型イベントで、新型『ロードスター』をワールドプレミアした(リンク先を表示)。2015年にグローバルに導入される。10年振りにフルモデルチェンジした新型ロードスターは、4代目にあたる(ちなみに、ロードスターの名称は国内向けで、海外向けは「MX-5」を名乗る)。

新型ロードスターのフロントマスクは、ヘッドライトが切れ長なため、先代までのロードスターにはない精悍な印象を受ける(リンク先を表示)。流麗なエクステリアは官能的で、とくにサイドビューがいい(リンク先を表示)。フェンダーが先代モデルのように(リンク先を表示)、取ってつけた感がないのも丸。これほど美しくもカッコいい車は、あまり無いのでは。エンブレムを変えたら、外車と間違われるかもしれない。

初代ロードスターが登場してから25年。これまでに94万台が生産され、「2人乗り小型オープンカー」累計生産台数世界一のギネス記録を、現在も更新中のロードスター。願わくばロードスターには、これからも記録を更新し続けるだけでなく、マツダのイメージリーダーで居続けてほしいと思う。




down43.gifこの記事をご覧になった方は、
 よろしければクリックをお願い致します。

 
自動車 ブログランキングへ


なんでもローン!?netloan(ネットローン)

全国どこでも無料出張・無料査定可!

■株式会社オートウェイ■
posted by ゆうすけ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ニューモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

BMW、ダイムラーなどが防弾仕様車を発表


8月28日8時13分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル

 国連(UN)の統計が示す通り、ロシアでの殺人事件・誘拐事件の数は以前ほど多くはない。それでもモスクワは、世界の自動車大手が防弾仕様の自動車をお披露目するには格好の都市のようだ。

《元の記事を表示》

 今年のモスクワ国際モーターショーで、警護を重視する富裕層の支持を得ようとしているのは防弾装甲仕様のSUV(多目的スポーツ車)「X5」である「X5セキュリティ」と「X5セキュリティ・プラス」を投入したドイツのBMWだ。

 BMWによるとこのX5では「最も人気が高い銃であるAK47の攻撃からの護身」を想定し、車体各部を強化したほか、特殊鋼と防弾ガラスを採用した。

 同モデルは450馬力の8気筒ターボエンジンを搭載しているため、「一般道路でもオフロードでも安全に走行できる」という。また「素早い撤収が最善の防衛策になることがある」ことを考慮したとしている。

 やはり高級車を製造・販売しているドイツのダイムラーとフォルクスワーゲンもそれぞれ、防弾仕様の「メルセデス・ベンツ」と「アウディ」をそれぞれ展開している。インドのタタ・モーターズ傘下にある英高級車メーカー、ジャガー・ランドローバーも、AK47の銃弾から乗客の身を守る防弾装甲仕様の「センチネル」リムジンとSUVを発表した。

 ジャガーもBMWと同じく、殺し屋や誘拐犯の目に留まらないようにとの考えで、一見しただけで防弾仕様車だと見分けがつかないようにしている。

 これら防弾仕様車は、銃弾でも破損しない燃料タンクやラジエーター、ケブラー繊維を施した床、小規模なパンクを自動的にふさぐランフラットタイヤなどを備えているだけあり、価格もそれ相応だ。

 BMWの防弾仕様車は通常モデルの3〜4倍の値段が付いている。X5セキュリティ・プラスは18万ドル(約1900万円)以上する。また、高級セダン「7シリーズ」の防弾仕様車は約30万ドルという価格設定になっている。

《ウォール・ストリート・ジャーナル  MATTHEW CURTIN》



感想
デトロイトモーターショー、東京ショー、ジュネーブショーなどの4大モーターショーから、北京ショー、バンコクショーなどの新興国で開催されるショー等々、毎年、世界各地でモーターショーが開かれているが(東京、パリショーなどは隔年)、防弾仕様のモデルが展示されるのは、モスクワショーぐらいだろう。治安の悪いロシアらしい。


BMWがモスクワショーで発表した、『X5 セキュリィプラス(リンク先を表示)』のボディは、AK-47の銃撃にも耐えられるとのこと。燃料タンクや床、タイヤなどにも防弾対策を施してあるというのだから、頼もしい限りだ。これなら、「ゴッドファーザー」みたいに蜂の巣にされても安心だ。

ただ、それもAK-47だから言えることで、中東の過激派のテロ組織はロケットランチャーも持っている。それだとひとたまりもないことは、想像にかたくない。それこそ装甲車、いや戦車でもない限り無理だろう。



AK-47・・・第二次世界大戦後に旧ソ連軍が開発、1949年に正式採用された歩兵用のアサルトライフル(自動小銃とも言う。いわゆるマシンガンのこと)。信頼性と耐久性が高い。構造が簡単なため、コピー品が世界中に出回っている。「世界最小の大量破壊兵器」とも呼ばれる。




down43.gifこの記事をご覧になった方は、
 よろしければクリックをお願い致します。

 
自動車 ブログランキングへ


なんでもローン!?netloan(ネットローン)

全国どこでも無料出張・無料査定可!

■株式会社オートウェイ■
ラベル:BMW X5 防弾仕様車
posted by ゆうすけ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする