2016年06月27日

ダッジ バイパー 生産終了へ…米国の代表的スポーツカー、25年の歴史に幕

6月25日(土) 8時0分配信 レスポンス

米国を代表するスポーツカーのひとつ、ダッジ『バイパー』の生産が、間もなく終了することが分かった。

《元の記事を表示》

これは6月21日、ダッジブランドを擁する米国の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)USが明らかにしたもの。「2017年モデルとして、6月24日から受注を開始する5種類の限定車を最後に、バイパーの生産を終了する」と発表している。

現行バイパーは4世代目モデル。2012年4月、ニューヨークモーターショー12で、SRTバイパーの名前で発表された。バイパーには、現在のダウンサイジングトレンドとは無縁の大排気量V型10気筒ガソリンエンジンを積む。

このV10は先代同様、排気量は8.4リットル。しかし、ピストンやインテークマニホールド、エグゾーストバルブなどに、大幅な改良を受けており、最大出力は640ps、最大トルクは83kgmを引き出す。これは先代比で、40ps、5.5kgm強化された計算。動力性能は0‐96km/h加速を3秒以下で駆け抜け、最高速は331km/hに到達する。0‐400m加速は11秒台半ば。

2014年9月に発表された2015年モデルでは、8.4リットルV10がパワーアップ。従来の640psから5ps引き上げられ、645psを獲得する。6速MTも改良。高速燃費は20マイル/ガロン(約8.5km/リットル)と、従来比で約5%向上させた。

6月21日、FCA USは、2017年型の5種類の限定車を最後に、バイパーの生産を終了すると発表。初代の誕生から25周年の節目に、その歴史の幕を下ろすことになった。FCA USの乗用車ブランドを統括するTim Kuniskis代表は、「25年前の初代発売以来、スーパーカーの世界に数々の新記録を打ち立て続けてきた」と語っている。

《森脇稔》



感想
アメリカを代表するスーパーカーが生産終了か。あの古典的なロングノーズ&ショートデッキの、マッスルなボディはなかなかカッコよかったのだが、実に惜しい(まぁ5代目コルベットの方が好きだがw)。

ちなみにFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)とは、世界第5位の規模を誇る自動車メーカー。フェラーリ、アルファロメオなどを傘下に持つフィアットが、2014年にクライスラーを完全子会社化、同年に合併して誕生した。


今日は久しぶりに三ツ矢サイダーを飲んだのだが、物凄くうまかった。発売されたのは1884年とのこと。



posted by ゆうすけ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。