2016年08月22日

【ペブルビーチ 16】アストンマーティン最新作、DB11…米国初公開

8月19日(金) 11時15分配信 レスポンス

英国の高級スポーツカーメーカー、アストンマーティンは米国カリフォルニア州で8月19日に開幕する「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において、『DB11』を米国初公開する。

《元の記事を表示》

DB11は2016年3月、スイスで開催されたジュネーブモーターショー16でワールドプレミア。DB11は、アストンマーティン伝統の「DB」シリーズの最新作。『DB9』の後継モデルに位置づけられる。

アストンマーティンはDB11に、新デザイン言語を導入。LEDヘッドライトやクラムシェルと呼ばれるボンネットに、新しいデザイン言語が反映された。さらに、軽量かつ高剛性な新しいアルミ構造も採用。

パワートレインは、自社で新開発の5.2リットルV型12気筒ガソリンツインターボ。DB9の自然吸気6.0リットルV12に対して、排気量を0.8リットル縮小。2個のターボでパワーを獲得しつつ、環境性能に配慮したダウンサイズユニットとなる。

この5.2リットルV12ツインターボは、最大出力608ps、最大トルク71.4kgmを発生。歴代DBシリーズの量産車では、最強のパワーを得た。トランスミッションはZF製の8速AT。DB11は0-100km/h加速3.9秒、最高速322km/hの優れた動力性能を実現している。

《森脇稔》



感想
アストンマーティンとはイギリスの高級スポーツカーブランド。ドイツ車にはない気品が感じられるので、筆者はポルシェより、普通に、アストンマーティンが好きであるw

このDB11、なかなかカッコいいのだが、ヘッドライトはもちろん内装のデザインなどが、これまでのアストンマーティンのモデルとは、少し異なっている。デザイナーが代わったのだろうか?


今年は亡くなった弟の初盆だった。幽霊でもいいから弟に会いたい。


posted by ゆうすけ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニューモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。