2010年06月22日

トヨタ、2011年からWRCに復帰か




6月22日12時7分配信 レスポンス

2009年シーズンをもってF1から撤退したトヨタ。そのトヨタが、今度はWRC(世界ラリー選手権)への参戦を計画しているらしい。

《元の記事を表示》

これは英国のメディアが報じたもの。それによると、トヨタは英国のプロドライブ社と共同で、2011年シーズンから、WRCへの復帰を計画しているとのことだ。

プロドライブ社は1984年、デビッド・リチャーズ氏が設立。1990年から、スバルのパートナーとしてWRCに参戦し、1995〜97年の3連覇に大きく貢献した。2008年、スバルがWRCのワークス参戦を中止してからは、独自の活動を続けている。

また、プロドライブのデビッド・リチャーズ代表は2007年、英国のスポーツカーメーカー、アストンマーチンの買収に関わり、同社の共同経営者のひとりに名を連ねている。トヨタとアストンマーチンは、トヨタ『iQ』をアストンマーチン『シグネット』として、OEM供給する契約を締結するなど、少なからず縁がある。

仮にトヨタがWRCへ復帰するとなると、どの車種で参戦することになるのか。このあたりも気になるところだ。

《レスポンス 森脇稔》


感想

 2年ほど前、ホンダが、鈴鹿サーキットにて行われる、二輪車による8時間耐久レース、通称『8耐』から撤退するとの報道がなされたのだが、数日後、ホンダはこれを否定し、誤報だったことが分かった。このように、ニュースではたまに、間違いが流されることがある。今回の記事は、信憑性があるものだが、これを読んでくれている人には、そういうこともあるということを、知っておいてほしいと思う。

 今の時点では、トヨタが2011年からWRCに復帰するとの情報は、まだ確定されたものではない。だが、パートナーとしてプロドライブ社の名前が挙がっていることから、けっこう信用できる話なのではないだろうか(上のシグネットの件など、プロドライブ代表であり、アストンマーチンの共同経営者でもあるデビッド・リチャーズ氏は、トヨタとの接点がいくつかあるので)。


 
↓この記事をご覧になった方には、クリックをよろしくお願いします。
ブログランキング


タイヤ&ホイール、カー用品の専門店 フジ・コーポレーション

インターネット限定価格「ネット割」

中古車は、「検索」⇒「捜索」してみましょう






posted by ゆうすけ at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。