2012年04月10日

【クルマ人】EVに絶好!高地駆け上がるヒルクライム 三菱自の増岡氏参戦


4月8日5時0分配信 フジサンケイビジネスアイ

 毎年7月に米コロラド州で開催される「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」に、三菱自動車がEVで初出場する。米インディ500に次ぐ世界で2番目の歴史を持つ伝統のレース。パリ・ダカール(パリダカ)ラリーで2002、03年に総合優勝を果たした商品戦略本部の増岡浩・上級エキスパートがハンドルを握る。プロジェクトを中心になって進める増岡氏に参戦の狙いなどを聞いた。

《元の記事を表示》

 −−三菱自としては、2009年にダカールラリーから撤退して以来、3年ぶりの国際レースとなるが

 「パリダカなどでの実績を考えると、ラリーのDNAを残すためにも、何らかのレース活動が必要だと私自身も考えていたし、多くの社員にもその思いがあった。(益子修)社長も、三菱の今後の中心事業となるEVやプラグインハイブリッド車(PHV)のPRを考えてほしいと言われていた」

 −−なぜパイクスピークを選んだのか

 「パイクスピークは、標高2862メートルから4301メートルの山頂までの20キロを一気に駆け上がるレースだ。ほとんどが富士山山頂よりも高い空気の薄い場所を走る。そのため、ガソリンエンジン車では、うまく燃焼できず、パワーが相当落ちる。3割ぐらいにダウンするともいわれている。その点、モーター駆動のEVには、有利だ。ガソリン車が山頂に近づけば近づくほどパワーが落ちるのに対して、EVならスタートからゴールまで同じパワーで走れる。性能をアピールするには絶好のレースだ。コーナーが150以上あり、直線のスピードよりも、コーナーの立ち上がりの加速が重要という点でもEV向きだ。EVは、1回の充電での走行距離が制限されるので、20キロという距離はちょうどよい」

 −−7月のレースに向けた準備は

 「本当は、昨年のレースからの参戦を検討していた。しかし、参戦を表明しようかという直前に、東日本大震災が発生し、それどころではないということもあって、延期した。昨年のレースを観戦して、いろいろ調査もした。実際にレンタカーを借りて、コースを何度も試走している。現在は、レース車の完成を急いでいる」

 −−どういったマシンに仕上げるのか

 「量販モデルの『i−MiEV(アイミーブ)』をベースにしている。ただ、レギュレーションで義務付けられているパイプフレームを装着したり、コーナリング性能を高めるため、車幅を広げたりしている。モーターは明電舎、電池はGSユアサと三菱自動車、三菱商事の合弁からと、アイミーブと同じものを使っている。量産型はモーターを1つ使った後輪の2輪駆動だが、レース車は3個のモーターを使って4輪駆動にする。前輪は左右のモーターの回転を変えることができるようにし、コーナーリング性能をアップさせた。難しい制御技術が必要になるが、今後の量産EVに応用できる」

 −−今年は、このレースにトヨタ自動車もEVで参戦する

 「パイクスピークの総合部門で何度も優勝している田嶋伸博さんも、今年はEVに乗り換える。EVの代表的なレースになろうとしているので、今後も有力チームやドライバーが続々参戦してくるだろう。EVクラスでの優勝を目指すが、いきなり1年目でというのはどうかかなと思っている。やはりレースでは経験がものをいうので、会社には3年やらしてもらって、段階を踏んで優勝を目指していきたい」

 −−自身にとっても3年ぶりのレースになる

 「三菱で最後のダカールラリーとなった09年は、初日のトラブルでリタイアという悔しい思いをした。今は、新車テストや、テストドライバーの育成を担当している。これまでも安全に走れるクルマづくりや運転を心がけてきた。今回も同じような考え方で取り組んでいけば、いい成績が出せるだろう」

《フジサンケイビジネスアイ 編集部》



感想
 『パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム』は、アメリカのコロラド州にあるパイクスピークで毎年、アメリカ独立記念日の前後に開催されるレース。1921年から行われている、インディ500に次いで世界で2番目に古いレースであり、雲へ向かうレース(The Rase to the Clouds)とも呼ばれる(リンク先を表示)。

 パイクスピーク・ヒルクライムには四輪と二輪のクラスがあり、四輪のクラスは現在、8つのカテゴリーに分けられる。今回、三菱が参戦するのはEVクラスの「エキセントリック」。エキセントリックでは、2010、11年に日本人ドライバーの塙(はなわ)郁夫選手が優勝。05〜11年には「モンスター田嶋」こと田嶋信博選手が、おどろくべき6年連続の総合優勝を果たした(リンク先を表示)。

 今年はその田嶋選手もエキセントリックでのエントリーとなる。田嶋、塙両選手がいるなか、パリダカでの2度の優勝経験もある増岡浩選手が(リンク先を表示)、どんな活躍を見せるのか。

 最後に、昨年の田嶋選手の走行シーンを紹介しよう(リンク先を表示)。



↓この記事をご覧になった方は、クリックをよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ


なんでもローン!?netloan(ネットローン)

全国どこでも無料出張・無料査定可!

■株式会社オートウェイ■



posted by ゆうすけ at 01:18| Comment(2) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雲へ向かうレース。。。
砂埃が雲に?と思ったらなるほどです

急斜面危険も伴う高所恐怖症には考えられない
けど
田嶋選手のお歳とこれから3年間との意気込み
可能性にこちらも頑張らないととさえ思いました

トヨタ三菱EV車の良さを積極的にアピールできるレース結果に
知識の少ないわたしも楽しみです
Posted by ☆ワカコタ☆ at 2012年04月12日 17:12
コメどうもありがとうございます。

パイクスピークは前に、自分がよく見ているクルマ関係のサイトで知って、日
本人が何度も優勝してるのかと驚き、印象に残ってたんで、今回はこれを載せ
てみました。

モータースボーツカテの記事があまりにも少なく、これはどうにかしないとと、
悩んでたのもありますが…。
Posted by ゆうすけ at 2012年04月29日 14:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。