2013年03月18日

【フォード フォーカス 発表】激戦のCセグセグメントに商品力で挑む


3月18日11時15分配信 レスポンス

フォード・ジャパン・リミテッドが4月13日より発売を開始する、フォード『フォーカス』は、同社にとって久々のハッチバックの導入となる。価格は293万円。

《元の記事を表示》

「フォード・ジャパン・リミテッドは、フォードがもともと持っている世界中のリソースを活用し、ここ数年商品内容の強化を進めています」と同車試乗会にて述べるのは、フォード・ジャパン・リミテッドマーケティング部ディレクターの木下洋氏。

2010年後半にヨーロッパで生産をしているSUVタイプの『クーガ』を導入。2011年後半には、アメリカから全面改良した同じくSUVタイプの『エクスプローラー』を発売した。2012年は1500台を販売し、ここ数年1000台を切るレベルまで落ちた時期もあったが、新型投入により高い評価を得ていると分析。

これらの結果、同社の実績は、「2009年までちょっと下降線をたどった時期もありましたが、2010年以降少しずつではあるが着実に台数を伸ばしつつあります」とした。乗用車タイプのフォーカスを導入することで、より多くのユーザー対してフォードブランドの認知を図る。

その新型フォーカスの、日本導入モデルは1グレードのみの展開だ。タイのフォード・タイランド・マニュファクチャリング(FTM)で生産することから、様々なマーケット向けのクルマがあり、多くのスペックの選択が可能だ。しかし、競争の厳しい輸入車Cセグメントの中で、日本のユーザーの高い要求に応えていくために、日本に導入するグレードは、フォーカス5ドアシリーズの最上級車種とした。装備やスペックもハイエンドグレードでありながら、価格は輸入Cセグメントの量販価格帯で展開する。

《レスポンス 内田俊一》




感想
フォード・ジャパン・リミテッドは3月16日、新型『フォーカス(公式リンクを表示)』を4月13日より発売すると発表した。フォーカスは日本での正規輸入が停止していたため、再上陸ということになる。新型といっても、海外ではすでに2011年から販売されおり、今回のモデルは3代目にあたる。

フォーカスは、ゴルフなどと同じCセグメントのハッチバックで、初代が1998年に登場した(Cセグメントとは、おもに欧州で用いられる乗用車の分類方法のひとつ。他にAセグメント、Bセグメント、Dセグメントがあり、A〜Dの順にサイズが大きくなる)。

フォードの車はエクスプローラーとマスタング以外は分からないという人も、初代ならCMなどで見覚えがあるかも知れない(画像リンクを表示)。新型フォーカスのデザインは、外観(公式リンクを表示)、内装(公式リンクを表示)ともに、このクラスのベンチマークであるゴルフに比べると、スポーティで若々しい。

25年連続で売上トップと、日本の輸入車市場で圧倒的な強さをみせるゴルフに、新型フォーカスがどこまで迫れるか気になる。




down43.gifこの記事をご覧になった方は、
 よろしければクリックをお願い致します。

 
自動車 ブログランキングへ


なんでもローン!?netloan(ネットローン)

全国どこでも無料出張・無料査定可!

■株式会社オートウェイ■


posted by ゆうすけ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ニューモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。