2014年08月03日

スマート フォーツー とフォーフォー 新型、欧州発売…価格は1万0895ユーロから


8月1日11時15分配信 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツ傘下のスマートが7月中旬、ドイツ・ベルリンでワールドプレミアした新型『フォーツー』と『フォーフォー』。7月31日、両車の欧州販売が開始され、現地価格が公表された。

《元の記事を表示》

新型スマート フォーツーとフォーフォーは、ダイムラーとルノーの提携の成果を生かして開発。車台は2014年3月、ジュネーブモーターショー14でワールドプレミアされた新型ルノー『トゥインゴ』と共用する。駆動方式は、歴代フォーツーのRRレイアウトを継承。

新型フォーツーのボディサイズは、全長2690×全幅1660×全高1550mm、ホイールベース1873mm。現行フォーツー(全長2740×全幅1560×全高1540mm、ホイールベース1865mm)と比較すると、全長が50mm短くなり、全幅が100mm拡大。

一方、新型フォーフォーのボディサイズは、全長3490×全幅1660×全高1550mm、ホイールベース2494mm。新型フォーツー(全長2690×全幅1660×全高1550mm、ホイールベース1873mm)と比較すると、全長が800mm長く、ホイールベースは620mm延長された。

両車とも、リアに置かれるエンジンは、新型トゥインゴと共通で、2種類の直列3気筒ガソリンエンジンを設定。自然吸気版は、排気量999ccで、最大出力71hp、最大トルク9.3kgmを発生する。ターボ版はさらに排気量が小さい898ccで、最大出力90hp、最大トルク13.8kgmを引き出す。トランスミッションは、新開発の6速デュアルクラッチと、5速MTを組み合わせる。

7月31日、スマートは新型フォーツーとフォーフォーの欧州販売を開始。同時に、現地価格を公表した。ドイツでのベース価格は、新型フォーツーが1万0895ユーロ(約150万円)、新型フォーフォーが1万1555ユーロ(約160万円)。新型フォーツーは、先代と同価格に据え置かれている。

《レスポンス 森脇稔》



感想
7月16日、スマートは新型『スマートフォーツー/フォーフォー』を、ドイツのベルリンで世界初公開した。フォーツーは3代目にあたるが、フォーフォーは初代の時に生産終了していたので、フォーフォーの場合は2代目ということになる(リンク先を表示)。

新型フォーツー/フォーフォーは、新型『ルノー トゥインゴ(リンク先を表示)』とシャシーを共有しているとある。ここで筆者は、「ルノーとダイムラー(メルセデスベンツの親会社)って提携してたっけ?」と疑問に思ったのだが、日産とダイムラーが提携した際に、ルノーも(日産と)一緒に提携していたのであった(正確にいうと、ルノー・日産連合がダイムラーと提携していた)。

フォーツー/フォーフォーとトゥインゴは、上記のようにシャシーが同じこと、丸っこいヘッドライトとボディが共通していることから、デザインが似ているように見える。ちなみに、先代までのトゥインゴは、駆動方式がFF(フロントエンジン・フロントドライブ)だったが、新型トゥインゴでは、フォーツー/フォーフォーと駆動方式をおなじにする必要性があったため、フォーツー/フォーフォーと同じRR(リアエンジン・リアドライブ)を採用する。


そういえば、『和製スマート』ともいうべき『トヨタ iQ(リンク先を表示)』は、どうしたのだろう。ヒットしていない気がするのだが、2代目モデルは出すのだろうか?




down43.gifこの記事をご覧になった方は、
 よろしければクリックをお願い致します。

 
自動車 ブログランキングへ


なんでもローン!?netloan(ネットローン)

全国どこでも無料出張・無料査定可!

■株式会社オートウェイ■


posted by ゆうすけ at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ニューモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。