2014年09月15日

メルセデス AMG GT、新型スポーツカーがサーキットを駆ける[動画]


9月13日9時30分配信 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツの高性能車部門、メルセデスAMGが9月9日に発表した『メルセデス-AMG GT』。同車の公式映像が、ネット上で公開されている。

《元の記事を表示》

メルセデス-AMG GTは、生産終了を発表した『SLS AMG』に代わって、AMGが開発した新型スポーツカー。SLS AMGのスーパーカー・セグメントから下へ降り、ポルシェ『911』クラスのスポーツカーとの競合を想定する。

メルセデス-AMG GTには、新開発の4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。排気量は3982ccで、2個のターボで過給。この4.0リットルV型8気筒ツインターボには、2種類のチューニングが存在。

ベースグレードのメルセデス-AMG GTは、最大出力462hp/6000rpm、最大トルク61.2kgm/1600-5000rpm。0-100km/h加速4秒、最高速304km/h。高出力版の『メルセデス-AMG GT S』は、最大出力510hp/6250rpm、最大トルク66.3kgm/1750-4750rpm。0-100km/h加速3.8秒、最高速310km/hの性能を実現する。

9月11日、メルセデスAMGは、公式サイトを通じて、メルセデス-AMG GTの映像を配信。米国のサーキットにおいて、そのパフォーマンスを披露している。



《レスポンス 森脇稔》



感想
9月9日、メルセデスAMG(メルセデスベンツのチューニング部門)は『メルセデス-AMG GT(リンク先を表示)』を公開した。AMG GTは、2009年のフランクフルトモーターショーで発表され、今年中に生産終了する『SLS AMG(リンク先を表示)』の後継モデルとして開発された。

古典的なロングノーズ&ショートデッキのスタイル、フロントフェンダー後部に設けられたエアインテーク(リンク先を表示)、切れ長のテールランプなど(リンク先を表示)、AMG GTの外装デザインには、SLS AMGと共通点が多い。

反対に、両車には違いもいくつかある。まずはエンジンで、SLS AMGの6.2リッターV8自然吸気エンジンに対して、AMG GTは4.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載している。これは昨今の、ダウンサイジングの流れに沿ったものだろう。

次はドアで、SLS AMGがガルウィングドアなのに対し(リンク先を表示)、AMG GTは、一般的な横開きドアを採用している。コストの面からだろうか。しかし、スーパーカーはガルウィングというイメージがあるので、ここは少し残念。


気になるAMG GTのお値段だが、現時点では不明。SLS AMGは2,650万円だったが、果たして。



ダウンサイジング・・・エンジンの排気量を落とすことで、燃料消費を抑えつつ、ターボなどの過給機を装着することによって、従来のエンジンと、同等の動力性能を確保すること。




down43.gifこの記事をご覧になった方は、
 よろしければクリックをお願い致します。

 
自動車 ブログランキングへ


なんでもローン!?netloan(ネットローン)

全国どこでも無料出張・無料査定可!

■株式会社オートウェイ■


posted by ゆうすけ at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニューモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。