2014年10月26日

【レクサス RC 発表】藤澤主幹「よりエモーショナルなモデル求め企画をスタート」


10月23日18時0分配信 レスポンス

トヨタ自動車は10月23日、レクサスブランドの新型2ドアクーペ『RC』を発売した。開発を担当した藤澤直樹主幹は「レクサスはまだまだラグジュアリーブランドとして満足いただけるところまで達していない。よりエモーショナルなモデルを求めRCの企画をスタートさせた」と振り返る。

《元の記事を表示》

藤澤主幹は「クーペはドアが2枚しかなく、荷物も多く搭載できないなど、決して使い勝手が良いとはいえない。しかしクーペは昔から自動車ファンにとっては憧れの車として愛され続けている。理由は格好良いからにほかならない」と指摘。

その上で「開発コンセプトは“Impassioned & Captivating”。ひとめ見た瞬間に乗ってみたい、運転してみたいと思わせる誘惑するようなセクシーなデザイン、乗るものを情熱的にさせるエモーショナルな走りを兼ね備えたあふれんばかりの魅力をもった憧れのクーペを造り上げるという強い思いで開発を進めてきた」と述べた。

具体的には「エモーショナルなデザインを実現するために理想のクーペスタイルを追求し、プロポーションの良さに徹底的にこだわった。車高を積極的に下げ、フェンダーを大きく張り出させ、大胆なワイドアンドローのスタンスを実現。さらに機敏な運動性に寄与するショートホイールベース。そして大径タイヤの装着により開発初期のデザインスケッチのような格好良さを表現している」と説明。

さらに「デザインスケッチで描いた格好良さを実現すべく、塊から削り出した彫刻のような立体的な造形を目指した。フロントからキャビン、リアへと連続する立体感を追求したサイドビューや、ワイドアンドロースタンスを一層印象的にしたフロントにこだわり、クーペモデルとして独自性を主張するデザインとした」と語った。

《レスポンス 小松哲也》



感想
トヨタは10月23日、レクサスの新型スポーツカー『RC(リンク先を表示)』、『RC F(リンク先を表示)』を発表、同日より販売を開始した。

RCは、昨年の東京モーターショーにて世界初公開された2ドアクーペで、3.5リッターV6ガソリンの「RC350」、2.5リッター直4+モーターのハイブリッドの「RC300h」をラインナップする。RC FはRCの高性能仕様で、グレードは、5リッターV8を搭載する「RC」のみ。価格はRCが565万円〜、RC Fは953万円〜と、ベースモデル同士では400万円近くも開いている。

RCのデザインは、もちろんセダンとクーペという違いはあるが、特にヘッドライトなど、『IS(リンク先を表示)』に似ている。ただやっぱり、ボディがISよりわずかにワイド&ローなこともあって、RSの方がスポーティーに見える(リンク先を表示)。RC Fのマフラーは、八の字に配置された迫力あるもので(リンク先を表示)、ISのハイパフォーマンス版のIS Fと同じタイプ。ちなみにIS Fは、今年5月に生産終了している。

車名の由来は「Radical Coupe」で、「radical」は「基本的な、徹底的な、過激な」を意味する英語。




down43.gifこの記事をご覧になった方は、
 よろしければクリックをお願い致します。

 
自動車 ブログランキングへ


なんでもローン!?netloan(ネットローン)

全国どこでも無料出張・無料査定可!

■株式会社オートウェイ■


posted by ゆうすけ at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニューモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。