2014年11月30日

【トヨタ MIRAI 発表】MIRAI の走りは“未来の走り”なのか[動画]


11月26日8時0分配信 レスポンス

11月18日より販売が開始されたトヨタの燃料電池車『MIRAI』。「究極のエコカー」とも言われる最新の燃料電池車の走りはどうか。その姿を動画でお届けする。

《元の記事を表示》

MIRAIは「トヨタ・フューエル・セル・システム」と呼ばれる新開発の燃料電池システムを搭載し、モーターの出力は113kW/335Nm。搭載される水素タンクの総容量は122.4リットル。航続距離は650km(JC08モード)ということで、一般的な乗用車と比べても遜色ない航続距離を実現した。

ボディサイズは全長×全幅×全高=4890×1815×1535mm。ホイールベースは2780mmと、同社のハイブリッドセダン『カムリ』よりも大きい外寸を持つ。ニッケル水素バッテリーを搭載するため、車重は1800kgを超えるが、重量物であるバッテリーをボディ下部に配置し低重心化を図ることで乗り心地は極めて高いレベルにあるという。



《レスポンス 橋本隆志》



感想
11月18日、トヨタは燃料電池自動車(FCV)の『MIRAI(リンク先を表示)』を発表、12月15日より発売する(よって、元の記事の「11月18日より販売が〜」は間違い。当ブログはレスポンスにはお世話になっているので、あまり攻めたくはないが)。

MIRAIの外観は、セダンともハッチバックとも言える、特徴的なもの(リンク先を表示)。フロントマスクは、巨大なエアインテークや釣り目のヘッドライトが、さながらランボルギーニのよう(?)。MIRAIのインパネは、センターメーターは以前は、トヨタの多くのモデルで採用されていたので、目新しさは感じないが、総じて未来的なデザインだ(リンク先を表示)。センターパネル&モニター周辺に奢られたブラックパネルが、上質感を与えている。


燃料電池自動車・・・水素タンクに充填した水素と、空気中の酸素とを燃料電池で化学反応させ、その際に得られた電気エネルギーを使用して、モーターを回して駆動する自動車。水素と酸素の化学反応のため、排気ガスは発生せず、代わりに水を排出するだけなので(H2+O2=H2O)、環境に非常にクリーン。

水素は天然ガスやエタノールなど、多彩な燃料で生成することができるため、石油への依存度を下げられる。普及のネックは水素ステーションなどのインフラか。




down43.gifこの記事をご覧になった方は、
 よろしければクリックをお願い致します。

 
自動車 ブログランキングへ


なんでもローン!?netloan(ネットローン)

全国どこでも無料出張・無料査定可!

■株式会社オートウェイ■


posted by ゆうすけ at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ニューモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。