2016年09月04日

フォード GT 新型を増産へ…生産期間を2年延長し4年間に

9月2日(金) 11時0分配信 レスポンス

米国の自動車大手、フォードモーターは8月19日、新型スーパーカー、フォード『GT』の生産期間を2年延長し、4年間にすると発表した。

《元の記事を表示》

新型フォードGTは2015年1月、デトロイトモーターショー15で発表。先代が2006年に生産を終了して以来、9年ぶりに復活。時代の要請に応え、新型は環境性能に配慮したスーパーカーとして誕生した。

パワートレインは、フォード自慢の環境エンジン、「エコブースト」。ミッドシップには、新開発の3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンを、2個のターボで過給したユニットが収まる。トランスミッションは7速デュアルクラッチで、トランスアクスルレイアウトを採用。最大出力は、600hp以上を引き出す。

当初、フォードモーターは、新型フォードGTを2年間限定生産車にする計画だった。しかし、2年間で500台の生産枠に、多くの購入希望者が殺到。そこでフォードモーターは、新型GTの生産期間を2年延長し、4年間にすることを決断した。

フォードパフォーマンスのDave Pericakグローバルディレクターは、「すべての購入希望者分の台数を生産することはできない。多くの顧客の要望に応え、生産台数の追加を決めた」と述べている。

《森脇稔》



感想
去年のデトロイトモーターショーで発表されていたのか。まったく知らなかった。

フォードGTか、あったなぁ。ルマン24時間レースで幾度か優勝した、GT40をイメージして開発されたんだったっけな。新型はキープコンセプトで、結構かっこいい。

残念なのはインテリアが安っぽいのと、2016年をもってフォード・ジャパンが営業をやめるため、日本では正規販売されないことか。

posted by ゆうすけ at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ニューモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック