2016年09月12日

広島、黒田&新井が涙の胴上げ! 緒方監督に続いて宙に舞う

9月10日(土) 22時14分配信 サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、巨人4−6広島、22回戦、巨人11勝11敗、10日、東京D)優勝へのマジックナンバーを1としていた広島が、巨人に6−4で勝利し、1991年以来25年ぶり7度目のセ・リーグ制覇を達成した。緒方孝市監督(47)が、歓喜の選手たちの手によって7度宙に舞った。

《元の記事を表示》

 胴上げの前には、この日6回6安打3失点で9勝目を挙げた黒田、年間を通してチームを引っ張ってきた新井がマウンド付近で熱く抱擁した。両者は涙をぬぐいながら、お互いの肩をたたき合って、優勝の喜びを爆発させた。

 そして、緒方監督に続いて黒田、新井もナインの手によって、5度ずつ宙に舞った。チーム内での、存在感の大きさを如実に表していた。

 7度宙に舞った緒方監督は、興奮が冷め切らない表情で優勝インタビューに応えた。「胴上げ? 最高に気持ちよかったです。ありがとうございました。今シーズン、ずっとやってきた戦いが今日もできました」と、東京ドームの鯉党にあいさつ。

 9勝目を挙げた黒田には、「体が万全ではない中、ローテ守ってくれて、今日も闘志あふれるプレーをみせてくれた」とたたえ、この日2打席連続本塁打を放った鈴木については、「本当に神ってますね」と、ほめたたえた。

 「本当に選手は、1試合1試合、力をつけていって頼もしい限りです。厳しい練習を乗り越えて、よくやってくれた」と選手たちに感謝すると、25年間待っていたファンに一言。

 「全国のカープファンのみなさま、長い間お待たせしました。おめでとうございます! (日本一へ)しっかりとCSを勝ち上がって、日本一をつかみ取りましょう」と、ファンと共闘を呼び掛けていた。



感想
広島カープが25年振りにリーグ優勝した。サッカーではサンフレッチェ広島が4年間で3回も優勝しているのに、カープときたらと思っていた筆者を、他チームを圧倒するパワーで見事に裏切ってくれた(対するサンフレッチェは、この人がいなかったら昨年は優勝できなかったかも知れなかったほど、大活躍したドウグラスが海外に移籍してしまったこともあってか、連覇はすこし厳しそうである)。

今回のリーグ制覇で、一度チームを離れた黒田選手と新井選手の"カープ愛"は、より一層つよくなったことだろう。

クライマックスシリーズまで、あと1か月ほどか。長いなw


posted by ゆうすけ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441872510

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。