2012年06月19日

【ルマン24時間 2012】日産デルタウイング、早くもレプリカ登場


6月18日20時30分配信 レスポンス

16日から17日にかけてフランスで開催されたルマン24時間耐久レース。そこで注目を集めた日産自動車の新世代ルマンレーサー、『デルタウイング』のレプリカが早くも登場した。

《元の記事を表示》

このレプリカを製作したのは、英国BBC放送の人気自動車番組、「Top Gear」。従来のルマンレーサーにはない斬新なデザインとコンセプトのデルタウイングに感銘を受け、レプリカの独自製作を決意。2012年のルマン24時間耐久レースに合わせて、レプリカを完成させたのだ。

この「Top Gear」版デルタウイング、フロント部分を絞り込んだブラックボディは、オリジナルのデルタウイングに近いものを感じさせる。しかし、ユーモアあふれる「Top Gear」だけに、多くのパーツを廃車から流用して組み上げるという、オリジナルとは異なる方式を採用した。

例えば、ヘッドライトはプジョー『207』、リアアクスルはフォード『エスコート』、ボディ後部はフィアット『126』とモーリス『1000』など、ジャンクヤードから調達した部品で構成。エンジンも、フォードの廃車から取り外した1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載する。総製作時間は、のべ337時間だという。

「Top Gear」では、次シーズンの番組内にこのレプリカを起用する計画。番組内での企画に関しては、現時点では明らかになっていない。

《レスポンス 森脇稔》



感想
 ルマン24時間耐久レースに、特別枠の「ガレージ56」で参戦した『日産デルタウイング』。戦闘機、バットマンのバットモービルのような特徴的なボディは、漆黒でワルそうなのがいい(リンク先を表示)。対する、「Top Gear」が制作したレプリカのデルタウイングは、フロント部がいまいちカッコよくない。とはいえ、廃車のパーツを利用したとは思えないほど、完成度は高い。

 ところで前々回では、ルマンでトヨタに優勝してほしいと書いたが、残念ながらトヨタの2台はリタイアし(7、8号車)、アウディが1〜3位を独占して総合優勝した。リタイアの理由は7号車がエンジントラブルで、8号車はクラッシュによるもの。ちなみに7号車はエンジントラブルの発生前に、他のマシンと接触し、接触されたマシンはリタイアしているが、その接触されたマシンというのが、何とデルタウイング(リンク先を表示)。

 接触の後、必死になってデルタウイングを修理する、ドライバーの本山哲選手の姿を捉えた映像はこちら(リンク先を表示)。



down43.gifこの記事をご覧になった方は、
 よろしければクリックをお願い致します。

 
自動車 ブログランキングへ


なんでもローン!?netloan(ネットローン)

全国どこでも無料出張・無料査定可!

■株式会社オートウェイ■
posted by ゆうすけ at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

【ルマン24時間 2012】見どころ…常勝アウディにトヨタが挑む、ハイブリッド決戦


6月12日11時30分配信 レスポンス

2000年の勝利以降、ル・マンの21世紀はアウディを中心に回ってきた。この12年で10勝を挙げているのだから、その勝率たるや恐るべきものだ。プジョーが撤退した今年、これまで以上にアウディの勝利は固いものと思われた。

《元の記事を表示》

◆“ルマンの常勝軍団”アウディにトヨタが挑み、“ハイブリッドのパイオニア”にアウディが挑む

そこに登場してきたのがトヨタだ。ハイブリッド技術のパイオニアとしてトヨタはハイブリッド・ガソリン・エンジンをオリジナル・シャシー「TS030」に搭載、アウディに挑む。迎え撃つアウディもまた今年のル・マンへディーゼル・ハイブリッド・エンジンを初めて送り込む。これは電気モーター(e-tron)により前輪を駆動させる4輪駆動車(クワトロ)でもある。

日独トップ・マニュファクチャラ−による史上初のハイブリッド決戦が初めて実現するのだ。


◆レースに向けて着々と準備を進めるアウディ

アウディの準備はいつもながら実に周到だ。3月のセブリング12時間レースで実績あるR18TDIを走らせ、チーム・ワークの確認を行った。更にその翌周までセブリングに居残り、今度はハイブリッド車との比較テストを試みたのだ。残念ながらクラッシュにより目的は達せられなかったが、レースに不測の事態はつきものだ。

時間的猶予のあったアウディは5月のスパ6時間には進化型ディーゼル・ターボR18ウルトラとディーゼル・ハイブリッドのR18e-tronクワトロを2台ずつ走らせることに成功した。スパでの優勝はR18ウルトラに譲ったもののR18e-toronクワトロもその実力の片鱗は十分に見せた。


◆準備不足は否めないがル・マンでのパフォーマンスには驚きの声も

対するトヨタだが、臨戦過程においてアウディに遅れを取っている事は否めない。

ステップ・レースとして予定していたスパ6時間もテストでのクラッシュにより見送らざるを得なかったからだ。しかしながら、ぶっつけ本番で持ちこんだル・マンでトヨタはその高いパフォーマンスを披露した。

6月3日のル・マン・テストデーで1位、2位を占めたのはアウディR18e-tronクワトロだった。3位、6位にはR18ウルトラが入り、トヨタTS030ハイブリッドは4位、5位にとどまった。

だがトヨタとトップのアウディとの差は1.3秒に満たず、1周13.629kmのサルテ・サーキットではごくわずかでしかない。むしろトップ・スピードでトヨタが勝っていた事は周囲を驚かせた。今後、予選・決勝へと向けて伸び代があるのはトヨタの方なのかもしれない。反面、耐久性もまた未知であり、トヨタにとっては大きな不安要素になる。
そもそも24時間レースにおけるハイブリッド車の耐久性そのものが未知なのだから。


◆燃費とタイヤもレースの行方を左右するキーファクター

アウディはハイブリッド対決が共倒れに終わった場合にも備えて、実績と信頼性に定評のあるディーゼルモデル(R18ウルトラ)を2台も投入する念の入れよう。しかし、耐久レースは絶対的なスピードだけでは勝者になれず、燃費とタイヤの消耗度も大きく勝敗に影響する。燃費で勝るのはアウディなのか?トヨタなのか?タイヤはどちらがもたせることが出来るのか?

さらに、さまざまなカテゴリーのマシンが走る耐久レースのためレースアクシデントもつきものだ。毎年チェッカーが振られるまでに数々のドラマを繰り広げてきたル・マンだけに、見ている方も一瞬たりとも気の抜けないレースになりそうだ。

《レスポンス 重信直希》



感想
 6月16日(土)〜17日(日)にフランスはルマン市のサルトサーキットにて、『ルマン24時間耐久レース』が開催。F1のモナコGP、インディ500と並んで、「世界三大レース」のひとつに数えられるルマンは、1923年の初開催から、今年で80回目をむかえる。ルマンの舞台となるサルトサーキットはほとんどが一般道で、一部は競技用のブガティ・サーキットを使用する、全長13.629kmのコースだ(リンク先を表示)。

 それにしてもアウディ、2000年から昨年までの12年間で10回も優勝していて、勝率は80%以上というから凄い。00〜02年は3連勝、04〜09年は6連勝、10、11年は2連勝というから驚きだ(この12年間で、アウディ以外で優勝できたメーカーは03年のベントレー、09年のプジョーのみ)。

 そんな強敵に挑むこととなったトヨタは、1994年と99年の総合2位が最高で、優勝したことはない(ルマンで日本のメーカーが優勝したのは、91年のマツダが一度だけである)。アウディばかりが勝っても面白くないし、いまの日本を元気づけて欲しいので、ここは是非ともトヨタに「ハイブリッド決選」を制してもらいたい。



down43.gifこの記事をご覧になった方は、
 よろしければクリックをお願い致します。

 
自動車 ブログランキングへ


なんでもローン!?netloan(ネットローン)

全国どこでも無料出張・無料査定可!

■株式会社オートウェイ■
posted by ゆうすけ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

【クルマ人】EVに絶好!高地駆け上がるヒルクライム 三菱自の増岡氏参戦


4月8日5時0分配信 フジサンケイビジネスアイ

 毎年7月に米コロラド州で開催される「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」に、三菱自動車がEVで初出場する。米インディ500に次ぐ世界で2番目の歴史を持つ伝統のレース。パリ・ダカール(パリダカ)ラリーで2002、03年に総合優勝を果たした商品戦略本部の増岡浩・上級エキスパートがハンドルを握る。プロジェクトを中心になって進める増岡氏に参戦の狙いなどを聞いた。

《元の記事を表示》

 −−三菱自としては、2009年にダカールラリーから撤退して以来、3年ぶりの国際レースとなるが

 「パリダカなどでの実績を考えると、ラリーのDNAを残すためにも、何らかのレース活動が必要だと私自身も考えていたし、多くの社員にもその思いがあった。(益子修)社長も、三菱の今後の中心事業となるEVやプラグインハイブリッド車(PHV)のPRを考えてほしいと言われていた」

 −−なぜパイクスピークを選んだのか

 「パイクスピークは、標高2862メートルから4301メートルの山頂までの20キロを一気に駆け上がるレースだ。ほとんどが富士山山頂よりも高い空気の薄い場所を走る。そのため、ガソリンエンジン車では、うまく燃焼できず、パワーが相当落ちる。3割ぐらいにダウンするともいわれている。その点、モーター駆動のEVには、有利だ。ガソリン車が山頂に近づけば近づくほどパワーが落ちるのに対して、EVならスタートからゴールまで同じパワーで走れる。性能をアピールするには絶好のレースだ。コーナーが150以上あり、直線のスピードよりも、コーナーの立ち上がりの加速が重要という点でもEV向きだ。EVは、1回の充電での走行距離が制限されるので、20キロという距離はちょうどよい」

 −−7月のレースに向けた準備は

 「本当は、昨年のレースからの参戦を検討していた。しかし、参戦を表明しようかという直前に、東日本大震災が発生し、それどころではないということもあって、延期した。昨年のレースを観戦して、いろいろ調査もした。実際にレンタカーを借りて、コースを何度も試走している。現在は、レース車の完成を急いでいる」

 −−どういったマシンに仕上げるのか

 「量販モデルの『i−MiEV(アイミーブ)』をベースにしている。ただ、レギュレーションで義務付けられているパイプフレームを装着したり、コーナリング性能を高めるため、車幅を広げたりしている。モーターは明電舎、電池はGSユアサと三菱自動車、三菱商事の合弁からと、アイミーブと同じものを使っている。量産型はモーターを1つ使った後輪の2輪駆動だが、レース車は3個のモーターを使って4輪駆動にする。前輪は左右のモーターの回転を変えることができるようにし、コーナーリング性能をアップさせた。難しい制御技術が必要になるが、今後の量産EVに応用できる」

 −−今年は、このレースにトヨタ自動車もEVで参戦する

 「パイクスピークの総合部門で何度も優勝している田嶋伸博さんも、今年はEVに乗り換える。EVの代表的なレースになろうとしているので、今後も有力チームやドライバーが続々参戦してくるだろう。EVクラスでの優勝を目指すが、いきなり1年目でというのはどうかかなと思っている。やはりレースでは経験がものをいうので、会社には3年やらしてもらって、段階を踏んで優勝を目指していきたい」

 −−自身にとっても3年ぶりのレースになる

 「三菱で最後のダカールラリーとなった09年は、初日のトラブルでリタイアという悔しい思いをした。今は、新車テストや、テストドライバーの育成を担当している。これまでも安全に走れるクルマづくりや運転を心がけてきた。今回も同じような考え方で取り組んでいけば、いい成績が出せるだろう」

《フジサンケイビジネスアイ 編集部》



感想
 『パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム』は、アメリカのコロラド州にあるパイクスピークで毎年、アメリカ独立記念日の前後に開催されるレース。1921年から行われている、インディ500に次いで世界で2番目に古いレースであり、雲へ向かうレース(The Rase to the Clouds)とも呼ばれる(リンク先を表示)。

 パイクスピーク・ヒルクライムには四輪と二輪のクラスがあり、四輪のクラスは現在、8つのカテゴリーに分けられる。今回、三菱が参戦するのはEVクラスの「エキセントリック」。エキセントリックでは、2010、11年に日本人ドライバーの塙(はなわ)郁夫選手が優勝。05〜11年には「モンスター田嶋」こと田嶋信博選手が、おどろくべき6年連続の総合優勝を果たした(リンク先を表示)。

 今年はその田嶋選手もエキセントリックでのエントリーとなる。田嶋、塙両選手がいるなか、パリダカでの2度の優勝経験もある増岡浩選手が(リンク先を表示)、どんな活躍を見せるのか。

 最後に、昨年の田嶋選手の走行シーンを紹介しよう(リンク先を表示)。



↓この記事をご覧になった方は、クリックをよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ


なんでもローン!?netloan(ネットローン)

全国どこでも無料出張・無料査定可!

■株式会社オートウェイ■

posted by ゆうすけ at 01:18| Comment(2) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

ル・マン24時間の優勝車マツダ787Bがサルテでデモラン




5月20日配信 オートスポーツweb

 マツダは20日、来月行われるル・マン24時間耐久レースの会場で、1991年に日本車として初めて総合優勝を飾ったマツダ787Bのデモランを行うと発表した。

《元の記事を表示》

 マツダ787Bは1991年のル・マン24時間にグループCのカテゴリー2から参戦。フォルカー・バイドラー/ジョニー・ハーバート/ベルトラン・ガショーのドライブで、日本車として初めての総合優勝を飾った歴史的なマシン。

 その後、チャージカラーの優勝車である55号車はマツダの手により動態保存されていたが、走行できる機会は限られており、国内のイベント等でも走行シーンはほとんど目にすることができないマシンとなっていた。

 しかし、マツダでは1991年の総合優勝から20年目となる今年、ル・マン24時間を主催するフランス西部自動車クラブ(ACO)からの招待を受け、55号車を再びサルテ・サーキットで走らせることとなった。

 今回サルテに帰還することになった787Bは、マツダの手で整備され、マツダが所有する美祢サーキットで走行。マツダのモータースポーツ活動を支えた寺田陽次郎、従野孝司、片山義美が懐かしいレーシングスーツ姿で787Bと写真に収まっている。

 ル・マンでの走行の際には、優勝クルーであるバイドラーやハーバートも姿を見せるという情報も入っている。かつてサルテを酔わせたロータリーサウンドが復活することになりそうだ。

《オートスポーツweb 編集部》




感想
 1991年、ル・マン24時間耐久レースにて、マツダを初めての総合優勝に導いた『787B』。この優勝はマツダ初としてだけではなく、日本車初、日本チーム初、ロータリーエンジン搭載車初と、まさに“初づくし”であった(ル・マンで優勝したことがある日本車は、787Bだけである)。

 787Bにより、悲願の優勝を遂げたマツダチーム。トヨタや日産、ホンダなど、大メーカーさえも成しえなかった偉業を、資金面で圧倒的に劣るであろう、マツダのチームが実現したのだから面白い。

 91年のマツダチーム優勝から、20年が経過した。トヨタと日産がそれぞれ一回ずつ、総合2位になったことはあるものの、マツダチームを除いて、これまで日本のチームが優勝したことはない。ル・マンで日本が再び栄光を手にする日は来るか。



↓この記事をご覧になった方には、クリックをよろしくお願いします。

ブログランキング


タイヤ&ホイール、カー用品の専門店 フジ・コーポレーション

ガリバーの中古車販売

インターネット限定価格「ネット割」




posted by ゆうすけ at 01:14| Comment(2) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

トヨタ、2011年からWRCに復帰か




6月22日12時7分配信 レスポンス

2009年シーズンをもってF1から撤退したトヨタ。そのトヨタが、今度はWRC(世界ラリー選手権)への参戦を計画しているらしい。

《元の記事を表示》

これは英国のメディアが報じたもの。それによると、トヨタは英国のプロドライブ社と共同で、2011年シーズンから、WRCへの復帰を計画しているとのことだ。

プロドライブ社は1984年、デビッド・リチャーズ氏が設立。1990年から、スバルのパートナーとしてWRCに参戦し、1995〜97年の3連覇に大きく貢献した。2008年、スバルがWRCのワークス参戦を中止してからは、独自の活動を続けている。

また、プロドライブのデビッド・リチャーズ代表は2007年、英国のスポーツカーメーカー、アストンマーチンの買収に関わり、同社の共同経営者のひとりに名を連ねている。トヨタとアストンマーチンは、トヨタ『iQ』をアストンマーチン『シグネット』として、OEM供給する契約を締結するなど、少なからず縁がある。

仮にトヨタがWRCへ復帰するとなると、どの車種で参戦することになるのか。このあたりも気になるところだ。

《レスポンス 森脇稔》


感想

 2年ほど前、ホンダが、鈴鹿サーキットにて行われる、二輪車による8時間耐久レース、通称『8耐』から撤退するとの報道がなされたのだが、数日後、ホンダはこれを否定し、誤報だったことが分かった。このように、ニュースではたまに、間違いが流されることがある。今回の記事は、信憑性があるものだが、これを読んでくれている人には、そういうこともあるということを、知っておいてほしいと思う。

 今の時点では、トヨタが2011年からWRCに復帰するとの情報は、まだ確定されたものではない。だが、パートナーとしてプロドライブ社の名前が挙がっていることから、けっこう信用できる話なのではないだろうか(上のシグネットの件など、プロドライブ代表であり、アストンマーチンの共同経営者でもあるデビッド・リチャーズ氏は、トヨタとの接点がいくつかあるので)。


 
↓この記事をご覧になった方には、クリックをよろしくお願いします。
ブログランキング


タイヤ&ホイール、カー用品の専門店 フジ・コーポレーション

インターネット限定価格「ネット割」

中古車は、「検索」⇒「捜索」してみましょう




posted by ゆうすけ at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。